a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s

ついに!人生初!

梅干しを漬けてみました\(^o^)/

梅干しを作るのって難しいイメージがあるし、
「失敗したら縁起が悪い」と聞いていたので
今まで躊躇していましたが、

今回以外と簡単に作ることができるのがわかりました。

それでは梅干しのおいしい作り方について紹介します。

梅干し作りには除菌や重たい容器が必要?

家の近くの無農薬農家さんが
「梅干しはビニールに入れて漬けられるんだよ」と、
おっしゃっていたのを聞いて

「えっ?ビニールで漬けられるんですか?」とビックリしました!

しかも「その場で作ってみる?
と言われたので、またまたビックリ!!

梅干しって「面倒臭い除菌や重たい容器が必要」という
イメージがあったのですが必要ありませんし、

作業もたった30分ほどで終わります。

あとは塩を入れて10日間寝かし、干すだけ!

これだけで簡単においしい梅干しが作ることが
できるのですね~。

梅干しの簡単でおいしい作り方

それでは梅干しの作り方を紹介します。

材料

●梅:2kg
●塩:梅に対して8%の塩、2kgの場合160g
●ビニール袋:1袋
●ひも:1本
●発泡スチロール箱:1箱

※健康のためにも梅はできるだけ無農薬(有機)栽培のもの、
塩も精製塩(食塩)ではなく天然塩を使用しましょう。

ちなみに私はこの「酵素塩」を使っています。

カルシウムやマグネシウム、カリウムなどの
ミネラルが含まれています。

現代人はミネラル不足と言われていますが
それはミネラルが含まれていない精製塩ばかり
摂っているからかもしれません。

作り方

①梅を洗う

丁寧に優しく軍手や、布を使って汚れを落とす。
赤ちゃんのおしりを洗うように優しく。
この時痛んでいるものは、使わない。

②梅を拭いて水分を取る

③ビニール袋に梅を入れる

④塩を入れ、梅にまんべんなく塩がつくようにする

⑤ビニール袋の口を紐で2巻ほどクルクルして留める

⑥毎日朝、昼、晩と、梅の袋を上下逆にする
(出てきた水分をまんべんなく浸透させるため)

これを約10日間ほど続ける。

⑦二日間程晴れる日を見計らって、晴れた日に
発泡スチロールのフタの上に梅を出してキレイに並べて干す

水分も一緒に蓋にだし、水分を日光と共に吸わせる!
梅をひっくり返してまた干す

⑧二日間干したら、容器にいれて出来上がり\(^o^)/

まとめ

梅は健康や美容に多くの効果をもたらしてくれる
食べ物です。

詳しくは「梅の注目の栄養成分と強力な効果効能! 調理と組み合わせるコツは?
をご覧ください。

従来の梅干しの作り方と比べると本当に簡単です!

市販の梅干しは添加物や保存料、着色料などが含まれている
ものもありますし、

無添加の梅干しはとても金額が高いので
その点でも手作りはおすすめです。

無農薬農家のおじさんに教えてもらった
梅干しの作り方をぜひ実践してみてくださいね。